中身が残る香水の処分方法にお困りの方へ【香水の正しい捨て方・再活用法】

使用済み・未使用品・使用途中と香水の捨て方は悩ましいものです。

「そのまま捨てちゃって大丈夫なのかな」「たくさん溜まってしまって邪魔だ…」と処分するにもどうしたらいいのかわからない人も多いでしょう。

この記事では、そんな香水の捨て方について徹底解説していきます。 

 

<手順>香水の正しい捨て方

中身が残っている香水は、必ず中身を処分してから捨てなければなりません。

ここでは使いかけの香水の正しい捨て方について解説します。

 

必要なもの

香水を捨てる際に必要なものは以下の通りです。

  • ニッパー
  • マイナスドライバー
  • 軍手
  • 新聞紙
  • ゴミ袋
  • ビニール袋(ジップロック)

 

蓋を開けたり、中身を処分したりするのに使います。

香水瓶によっては、蓋を回して取れる場合もあるので、それなら工具は不要です。

ボトルの金属部分を開ける

まずは、残っている中身を処分するために香水瓶・ボトルの蓋を外します。

意外と金属部分はかたく、手で回して取れないものがほとんどです。

以下の手順で蓋を外していきましょう。

 

  1. 床に新聞紙(ビニールシート)を敷く
  2. 怪我防止のために軍手をする
  3. マイナスドライバーをスプレー金属のふちに入れ込む
  4. 入れ込んだところからニッパーで切り込みを入れる
  5. そのまま蓋を剥がしていく

 

中身が残っていれば捨てる

スプレー部分を外したら、香水の中身を捨てます。

しかし香水の液体をそのまま流しやゴミ箱に捨ててしまっては、部屋中に香りが充満したり漏れてしまったりする可能性があるので注意です!

中身は以下の手順で処分するようにしましょう。

 

  1. ビニール袋(ジップロック)に新聞紙を詰める
  2. 香水の中身を流し入れる
  3. 完全に密閉する

 

二重袋にして、より密閉することをおすすめします。

それでも多少香りが残ってしまうので、ここまでの手順をベランダや屋外ですると良いでしょう。

 

市区町村の分別にしたがって処分

香水瓶(場合によってはプラスチック容器)・液体を入れた袋は分別してゴミに出しましょう。

市区町村によって分別に違いがあるので、正しい分別方法はお住まいの地域のルールに従うようにしてください。

一般的には、以下のように指定されています。

 

液体を入れた袋 可燃ごみ
ガラス容器 不燃ごみ・資源ごみ・割れもの(瓶)
プラスチック容器 可燃ごみ・プラスチックごみ
金属部分 金属ゴミ・可燃ごみ※アルミ素材の場合

 

地域によっては、香水の中身を捨てずに不用品回収業者に依頼することも可能です。

しかし一般的なゴミ出しとは異なり、処分してもらうのに費用を支払う必要があります。

簡単に処分できますが、あまりに高い費用であればご自身で分別し、処分するのがいいでしょう。

 

<NG>香水の間違った捨て方

香水をゴミ箱に捨てる

間違った香水の捨て方をすると、お部屋が悪臭まみれになったり、環境を害してしまったりする恐れがあります。

正しい捨て方と併せて、間違った捨て方も頭に入れておきましょう。

 

トイレ・シンクに香水を流す

「液体だし大丈夫」と思って、香水をトイレ・シンクなどに流す人がいますが、絶対NGです!

香水の香りは強く、意外と消えにくいので、長い期間香りが充満する恐れがあります。

お料理中も香水の匂いに悩まされたり、気分が悪くなったりするかもしれません。

また香水には主成分のアルコールのほか、さまざまな成分が含まれています。

そのまま流してしまうと環境破壊につながる可能性も考えられます。

香水の中身は、必ず新聞紙などに含ませて密封してゴミに出すようにしましょう。

 

香水の瓶を可燃ゴミで捨てる

香水の瓶を可燃ゴミに出してしまうのはやめましょう。

お住まいの自治体によって分別の基準が多少異なりますが、基本的には不燃ゴミになります。

また、スプレーボトルの場合プラスチック製のものも多いので、その場合は可燃ゴミ・プラスチックゴミとして出しましょう。

 

中身が残ったまま捨ててしまう

意外とあるあるなのが、分別はしているのに中身が残ったまま捨てているケースです。

処分される前に香水が漏れてしまい、周囲に強い匂いを撒き散らすことになります。

また、瓶が割れてしまったりスプレー部分が壊れてしまったりして怪我をさせてしまうかもしれません。

周囲の人、ゴミ清掃員さんに迷惑をかけてしまうので注意しましょう。

空瓶はプチプチに包む、紙に包むなどしてゴミに出すようにしてください。

 

香水を捨てる前に確認しておきたいこと

「もしかしたらまだ使える香水なのかも」「これは処分すべき?」と香水を捨てようかどうか迷ったときは、以下の点に注目して判断してみてください。

 

使用期限

化粧品やスキンケアにも使用期限があるように香水にも使用期限はあります。

しかし香水に「〇〇年〇月」と使用期限が明記されていることはほぼありません。

そこで、『未開封』『開封済み』の2パターンからご自身で使用期限を判断することになります。

 

  • 未開封:3年
  • 開封済み:1年

 

と覚えておきましょう。

基本的に未開封のものであれば、3年は香りが保証されています。

これは薬事法で3年は劣化しないようにと定められているからです。

しかし、一度開封すると空気に触れてしまうので1年が使用期限になってしまいます。

もちろん1年以上経過したからといって使えなくなるわけではありませんが、香りが変化していまったりアルコールが蒸発してしまったりするのでおすすめしません。

 

香り・色

いつ買ったかわからないものは使用期限では判断できませんよね。

そんなときは、香り・色をしっかり観察してみましょう。

「買った当初の香りと違う」「香りがホコリっぽい」「香水の色が濃い」など少しでも変化を感じれば、それは劣化している可能性が高いです。

劣化した香水を付けると、肌トラブルの原因にもなりかねないので、控えるようにしてください。

 

香水を捨てずに処分する方法

ここまで香水の捨て方についてお話ししてきましたが、最後に捨てずに利用する活用術を5つ紹介します。

掃除をしていたら出てきた香水、昔の恋を思い出してしまう香水など、同じ捨てたくないでも思いが違いますよね。

五感の中でも嗅覚はとくに長く記憶に残るといわれています。

過去の思い出も振り返りながら、新たな香水の使い道を選んでみてくださいね。

 

買取業者

洋服やバッグ、本などを買い取ってくれる買取業者の中には、香水を対象としているところもあります。

 

  • 新品、未開封の香水
  • 中身が半分以上残っている
  • デパコスやブランドもの

 

など、業者によって条件が決められているので確認してみましょう。

1点だけでは買取不可だったり、数百円だったりと少々厳しい査定になってしまうのが注意点です。

 

オークション・フリマ

オークションやフリマに香水を出品するのもありです!

買取のように査定されるわけではなく、自分で価格を決められるのは大きなメリットでしょう。

しかし開封済みだと売れにくいのが難点です。

未開封であれば落札されやすいので、購入時期(使用期限)を明記して出品してみましょう。

そのお金を足しにして、今の自分に合う香水を買って身に纏えば、新しいあなたのはじまりです!

 

ルームスプレー

残った香水を上手にアレンジするのにルームスプレーを作ってみるのはいかがでしょうか?

香水の金属部分を外し、蓋がない状態にします。

そこに数本竹串を立てれば完成!

もう少しこだわりたい人は、リードスティックを購入するといいでしょう。

 

アロマバス

もっと手軽に香水を処分したい人は、アロマバスにして香りを楽しみましょう。

お風呂に香水を数滴入れるだけでOKです。

たくさん入れすぎると、蒸気とともに舞い上がった香りに酔ってしまう恐れがあるので、少しずつ調整して入れるようにしてくださいね。

 

インテリア小物

香水の瓶はおしゃれなものが多く、見た目で購入することもありますよね。

使い切ったけど瓶を捨てるのはもったいない…そんなときは花瓶やペン立てなどインテリアの一つとして飾りましょう。

玄関に飾ったり、ベッドサイドに置いたりと、飾っているだけで華やかなお部屋になります。

 

まとめ

香水の捨て方は意外と難しい部分もあり、苦戦している人も多いはずです。

ニッパーやドライバー、新聞紙など必要なものもありますがすべて100均で購入することができます。

お部屋に香りを充満させないためにも、環境破壊をしないためにも正しい香水の捨て方をしましょう。

また、お気に入りの香水は再活用することをおすすめします。

ティッシュに吹きかけて芳香剤代わりにするのもありです!

インテリアの一つにしたり、癒し効果のあるものにしたりして満足のいくまで香水を楽しみましょう。